1. ホーム > 
  2.  Affinity Photo
アイキャッチ

Affinity Photoの使い方 切り抜き-ペンツール

2017/4/14 - Affinity PhotoAffinity Photo使い方 , Affinity Photo入門

定番のペンツールでの切り抜きです。

切り抜く写真を開いて、ペンツールを選択します。

ペンンツール

マウスカーソルがペンの形になりますので、切り抜きを始める始点をクリックします。

始点

次の位置をクリック、もしくはドラッグします。
ドラッグすると、ハンドルが現れます。
それを、引っ張ったり曲げたりして調整します。

ペンツール ハンドル

基本的にハンドルの方向に線が伸びるので、ハンドルの伸縮で合わせられない場合、ハンドルの向きを変えて調整します。
Macの場合は、[Option]キーを押しながらドラッグすると、ハンドルの向きが変えられます。
Windows版は使ったことがないので、わかりませんが、多分、[Alt]キーだと思います。間違ってたらごめんなさい。

ハンドル曲げ

向きが変わるとこのような曲線が書けます。

パス向き変更結果

こんな感じに、一回り書いて、最初の始点まで線を書きます。

ペンツール1周

このまま、画面上部の「マスク」ボタンを押すとマスクで切り抜けます。

マスク

切り抜き後

切り抜き後

選択範囲で切り抜きたい場合は、「マスク」ボタンを押さずに、「選択範囲」ボタンを押します。

選択範囲

パスが、選択範囲になります。

選択範囲

上部コマンドメニューの[選択]→[エッジの微調整]をクリックします。

コマンドメニュー

[選択範囲の調整]パネルが開きます。
縁をぼかしたい場合は、「ぼかし」スライダーを右へスライドさせます。

ぼかし

出力のドロップダウンリストをクリックして、リストから書き出す種類を選びます。

出力

中から選びます。
今回は「新規レイヤー」を選択して、切り抜きます。

出力選択

最後に「適用」をクリックして確定します。

適用

レイヤーを確認してみると、新規レイヤーができているはずです。
背景を非表示にしてみます。

非表示

完成です。

完成

拡大して縁のぼかしを確認します。

ぼかし

ぼかしが効いてますね。

 

コメント

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA