1. ホーム > 
  2.  Affinity Photo
アイキャッチ

Affinity Photoの使い方 切り抜き-ペンツール

2017/4/14 - Affinity PhotoAffinity Photo使い方 , Affinity Photo入門

定番のペンツールでの切り抜きです。

切り抜く写真を開いて、ペンツールを選択します。

ペンンツール

マウスカーソルがペンの形になりますので、切り抜きを始める始点をクリックします。

始点

次の位置をクリック、もしくはドラッグします。
ドラッグすると、ハンドルが現れます。
それを、引っ張ったり曲げたりして調整します。

ペンツール ハンドル

基本的にハンドルの方向に線が伸びるので、ハンドルの伸縮で合わせられない場合、ハンドルの向きを変えて調整します。
Macの場合は、[Option]キーを押しながらドラッグすると、ハンドルの向きが変えられます。
Windows版は使ったことがないので、わかりませんが、多分、[Alt]キーだと思います。間違ってたらごめんなさい。

ハンドル曲げ

向きが変わるとこのような曲線が書けます。

パス向き変更結果

こんな感じに、一回り書いて、最初の始点まで線を書きます。

ペンツール1周

このまま、画面上部の「マスク」ボタンを押すとマスクで切り抜けます。

マスク

切り抜き後

切り抜き後

選択範囲で切り抜きたい場合は、「マスク」ボタンを押さずに、「選択範囲」ボタンを押します。

選択範囲

パスが、選択範囲になります。

選択範囲

上部コマンドメニューの[選択]→[エッジの微調整]をクリックします。

コマンドメニュー

[選択範囲の調整]パネルが開きます。
縁をぼかしたい場合は、「ぼかし」スライダーを右へスライドさせます。

ぼかし

出力のドロップダウンリストをクリックして、リストから書き出す種類を選びます。

出力

中から選びます。
今回は「新規レイヤー」を選択して、切り抜きます。

出力選択

最後に「適用」をクリックして確定します。

適用

レイヤーを確認してみると、新規レイヤーができているはずです。
背景を非表示にしてみます。

非表示

完成です。

完成

拡大して縁のぼかしを確認します。

ぼかし

ぼかしが効いてますね。

 

コメント

  1. まる より:

    教えてください
    Affinity photoの初心者です。
    写真の一部をペンツールで書いた形にくりぬきたい・・・
    ただそれだけの事なのにできません。
    イラレでは簡単にできたのですが

    上記の説明写真のような
    コンテキストツールバーに【マスク】【選択範囲】というボタンが表示されません・・・

    教えていただけると助かります
    よろしくお願いいたします。

    • 管理者 より:

      お使いのAffinity Photoのバージョンで違いが出るかもしれませんが、画面上部のコマンドバーの表示から、
      コンテキストツールバーという項目にチェックが入っていなければチェックを入れてみてください。
      表示されるはずです。
      ちなみにMac版です。Win版も似たような感じかと思いますが、Win版の確認は手元にソフトがないので時間がかかります。
      メニューが出るか試してみてください。
      よろしくお願い致します。

  2. ARAyan より:

    よろしくお願いいたします
    Macでの作業になるのですが….
    ペンツールでのキリヌキ後、選択範囲ボカシorマスクでバックを透明にした後
    そのパスは残っていますよね?
    後々微調整とかキリヌキ間違いが有る場合、パスが残っていれば
    いくらでも修正可能ですから。
    Affinity Photoはまだよく解らないです
    勉強中です。

    • 管理者 より:

      色々やり方はあるようですが、簡単なのはヒストリーで戻るか、パスを書いた時点のレイヤーを複製して、非表示にして取っておく。です。
      自分はいつも後者の方法でやってます。
      参考になれば幸いです。

      • ARAyan より:

        「レイヤーを複製」で対応になるのですね……

        迅速な対応ありがとうございました
        たすかります
        色々とやってみますね…..

        今まで長いことAdobeのイラレAdobeのフォトショ使っていましたが…..
        値段的にも高価ですので、色々と探してて…Affinityにたどりつきました
        これからもよろしくお願いします。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA