1. ホーム > 
  2.  Affinity Designer
ズームカーソル

Affinity Designer ズームツールと表示ツール

2016/10/27 - Affinity DesignerAffinity Designer使い方 , Affinity Designer入門 , 表示ツール , ズームツール , ハンドツール

だいぶ初歩的な操作方法になりますが、一応、操作方法の説明をしたいと思います。

ズームツール

ズームツールを選択します。

ズームツール

すると、マウスカーソルが虫眼鏡に変わります。

ズームカーソル

 

オブジェクトの近くで、マウスの左ボタンを押して、左方向へドラッグします。

zoomout

ズームアウト(縮小)します。
逆に右へドラッグします。

zoomin

ズームイン(拡大)しました。

でも、だいたいショートカットキーで操作すると思います。
Macでは、【Command】+【+】キーでズームイン。
【Command】+【-】キーでズームアウト。

私は最近、マウスホイールでの操作が気に入って使ってます。
最初は戸惑いましたが、慣れると素早く指定の場所をズームインできて便利です。(あくまで私個人の感想です)
ですが、ペンツールなどで、パスを書いている時、画面外に出ても自動スクロールしないので注意です。

環境設定を変えれば使えます。
まず環境設定を開きます。

環境設定

環境設定で【ツール】を選択します。
【ズームにマウスホイールを使用】にチェック

環境設定

これでマウスホイールでの操作が可能になります。

表示ツール

まず、表示ツールを選択します。

ハンドツール

マウスの左ボタンでドラッグします。

ドラッグ

ドラッグ後

ドラッグ後

このように、編集位置がドラッグした方向にズレます。

こちらも通常ショートカットキーで操作します。
【スペースキー】を押せばどのツールを選択していてもポインターが表示ツールになります。
Windows版も恐らくこれは同じ操作になると思います。(WindowsのBeta版を入手したんですが、64bitのOSじゃないとインストールできなかったので、検証できませんでした…。)

今回、操作説明した2つのツールで編集位置を変えて作業する流れになるかと思います。

 

 

コメント

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA