1. ホーム > 
  2.  Affinity Designer
カーブ

Affinity Designerの使い方-テキストのアウトライン化

2016/9/30 - Affinity DesignerAffinity Designer入門 , Affinity Designer使い方

テキストのアウトライン化ですが、これは結構ハマりました。
Menuを見ても、アウトラインという文字が見当たりません・・。ネットで検索してもそれらしい記事は見つかりませんでした。
しばらく奮闘してやっとやり方がわかりましたのでメモります。

まず、テキストツールで何か書きます。
outline01

選択された状態で、【カーブに変換】のボタンをクリックします。
カーブに変換

そうこれです!
そもそもアウトラインという名称ではなかったのです!
悩んだ2時間の間、しかもボタン押したのに気付きませんでした・・orz

スタジオ内のレイヤータブのテキストオブジェクトが分解、グループ化されています。
この状態ですでにアウトライン化されていますので、グループ解除なり全選択はお好みで。
テキスト

左側の三角部分を押せば、展開されます。
展開

とりあえずどれか選択してみます。
g

その後、【ノードツール】を選択します。
ノードツール

すると、こんな感じにパス化されています。
パス

後は、小さく四角いところを引っ張ったり、ハンドルをいじって変形させます。
変形後

なんとか、こんな風に変形させることができました。
ボタンの表記【カーブ】じゃなくて【アウトライン】にして欲しかったです(笑)

 

コメント

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA