1. ホーム > 
  2.  Affinity Designer
スライス

Affinity Designerの使い方-スライスのやり方

2016/10/4 - Affinity DesignerAffinity Designer入門 , Affinity Designer使い方

Affinity Designerのスライスのやり方ですが、まず、左上のペルソナ(描画ペルソナ(ベクター編集モード)、ピクセルペルソナ(ビットマップ編集モード)、ペルソナをエクスポート)から、右端のペルソナをエクスポートを選択します。

ペルソナをエクスポート

するとツールが変わりますので、スライスツールを選択します。

スライスツール

スライスしたいオブジェクトを選択します。

ボタン

スタジオ(右側のプロパティ欄のようなもの)内のレイヤーのスライスのエクスポートマークをクリックすれば、ウィンドウがポップアップするので、ファイル名を決めて出力します。

エクスポート

または、矢印の【エクスポート1x】でも大丈夫です。
2xだと2倍のサイズで3xだと3倍でエクスポートされます。

エクスポート

↓完成です。

スライス1

 

コメント

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA