1. ホーム > 
  2.  Affinity Designer
書き出し

Affinity Designerの使い方 – トンボ付きPDFファイルの出し方

2017/6/3 - Affinity DesignerAffinity Designer使い方 , Affinity Designer入門

PDF書き出しをします。
Illustratorで、トンボを表示してあるファイルありますよね。
Affinity Designerでも可能です。
ただ、Affinity Designerでサポートしているのは、西洋式トンボのみで、日本式トンボは使えません。(バージョン1.5.5で確認)
残念ながら、仕事で使うのであれば、西洋式トンボ可の印刷屋さんを探さなければいけません。

トンボの表示のさせ方ですが、表示させたいファイルを開いたまま、上部コマンドメニューの【ファイル】→【書き出し】を選択します。

ファイル書き出し

保存するファイル形式の中から、【PDF】を選択します。
そして、パネル下部の【その他】のボタンを押します。

PDF選択

すると、設定パネルが出ます。

プリントマーク

すると、下の無効になってる項目が有効になります。

チェック

チェックを外すと、表示するマーク等を減らせます。
パネルを閉じれば設定完了ですが、【プリセットの管理】ボタンを押して、プリセットを保存すれば、設定を保存しておくことができます。

プリセット

プリセット保存

次回からは、このプリセットを選択すれば、同じ設定を利用できます。
ちなみにプリセット名は「トンボ」にしてみました。

プリセット選択

パネルを閉じて、【書き出し】ボタンを押します。

書き出し

ファイル名を入力して、【OK】ボタンを押します。

ファイル名

完成です。

トンボ

 

コメント

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA